特長

最小の設置スペースで最大の加工エリアを実現

Vertex550-5Xの設置スペースは幅2m×奥行き3m(標準仕様・操作盤含まず)です。このコンパクトなボディにもかかわらず、最大φ500mm×高さ325mm*のワークが積載可能です。

*最大工具長さ・径に制限が出ます。
*積載質量・モーメントに制限されます。

徹底的なつくり込みがもたらす高精度

Vertexの基本は高精度にあります。徹底したつくり込みによってジグボーラー並みの幾何学的精度を達成しています。また直線軸にはリニアスケール、回転軸にはロータリーインダクトシンを標準装備。位置決め精度の規格値をはるかに下回る実力があります。

Vertexは以上のような高精度と最小指令単位・移動単位0.1μmが融合し、ミクロン台の加工を実現します。

位置決め精度の実測例(X,Y,Z軸)
*参考データであり、保証値ではありません。

高速性能と高精度を両立した傾斜円テーブル

5軸機の要である自社製の傾斜円テーブルには、多くの出荷実績を持つ横形トラニオンタイプ5軸マシニングセンタの経験が生かされています。

A軸とC軸は特殊ギア駆動を採用。早送り、最大切削送り共、 A軸:30回転、 C軸:50回転を実現しました。また、ロータリーインダクトシンによるフルクローズドループを標準採用し、割出し精度A軸:±6秒、C軸:±4秒という高精度を誇ります。

良好な切粉処理

従来、立形マシニングセンタの問題点であった切粉処理性能の低さをキューブオン構造が解決しました。

切削点で発生した切粉はテーブル直下に設置されたチップコンベア上に落下します。このコンベアにより切粉は速やかに機械後方の機外へ排出されます。

また、ベッドからの切粉排出口は後方の他に左右側面にも設置しました。柔軟なタンクレイアウトが可能です。

操作性を追及したデザイン

テーブル側が移動しないため、機械前面からテーブル中心までは(テーブル水平時)常に約400mmで極めて接近性が良好です。また床面からテーブル上面まで900mmは腰の位置と同じであり、またベッド下につま先が入るスペースがあるため、無理のない姿勢で作業ができます。

高速タイプと高トルクタイプ ― 選べるスピンドル

Vertexのために新規開発したスピンドルは2種類。高速タイプの25,000min-1と高トルクタイプの15,000min-1で、加工目的に応じてどちらも標準で選択できます。

またテーパーは標準の40Tの他にオプションでHSK-A63も対応可能です。

【主軸熱変位補正を標準装備】
主軸先端部にセンサーを設け、ここで検出した主軸熱変位量をリアルタイムでフィードバックし補正を行います。

▲ページの一番上へ