生産ラインの紹介

最先端分野で活躍する三井精機のマザーマシンは、ここで造られ、世界へ向けて旅立っていきます。

ブロックゲージからマシニングセンタへ

1928年(昭和3年)、三井精機の前身は現在の東京都大田区南六郷で産声を上げました。
当時はブロックゲージやマイクロメータといった測定器を生産していました。『精度の三井精機』のDNAは、この時代から脈々と受け継がれています。

1935年(昭和10年)には日本初のマザーマシンとなる#4型ジグ中ぐり盤を開発しました。
当時、日本に高精度に位置を決めて加工する工作機械はなく、本機の国産化は国や産業界にとって悲願でした。
以来、ジグ中ぐり盤はマザーマシンの代名詞となってきました。

そして現在、三井精機のマザーマシンはジグ中ぐり盤をはじめとしてジグ研削盤、横形/立形マシニングセンタ、5軸制御マシニングセンタ、ねじ研削盤をランイナップし、世界中の最先端産業を支えています。

理想的な環境と匠の技の融合

開発・設計、加工・組立・測定、そして工場環境――これらが高度に融合して初めてマザーマシンが生み出されます。
70年受け継いできた匠の技と、理想的な工場環境がそれを可能にしているのです。

三井精機の工作機械部門は2001年10月、東京都大田区から、埼玉県川島町へと移転しました。
この地に新たに建設された工作機械専用工場から、世界中へ向けマザーマシンが出荷されていきます。

創業から現在までの三井精機の歴史の中で、常に中心にあり続けたのは「精度」です。
高精度へのこだわりはこれからも三井精機の核となっていきます。

本社工場の概要

三井精機航空写真 敷地内配置図

製品組立 小型機械加工 大型機械加工
測定 ユニット組立
標準機組立
空調 基礎 設計 物流

▲ページの一番上へ