紹介3

小型機械加工

小型機械加工

ここでは機械の心臓部分となる主軸、テーブル、ボールねじ等の最終仕上げ加工を行っています。ジグボーラー加工、ねじ研削加工などの設備で1/1000mm台の公差の加工を行っています。

大型機械加工

大型機械加工

ここではベッド、コラム、テーブル、サドル等の大型鋳物部品の加工を行っています。HS8A横形マシニングセンタ4APC仕様等の大型機を設備しています。もちろん、温度管理された環境で高精度加工を行っています。

精密測定室

精密測定室

1μmの精度を出す機械をつくるためには1μm以下を正確に測る測定器と技術が必要です。測定室は精機棟の各部屋の中で最も温度管理が厳しく、常に20℃±0.1℃を保っています。自社製レーザーリード測定器、3次元測定器、真円度測定器、表面粗さ測定器、万能顕微鏡等を備えています。

開発・設計

開発・設計

機械の開発・設計の基本思想となるのもまず高精度です。ベッドやコラムなどの構造体は十分な剛性をもたせ、荷重によるたわみがないようFEM(有限要素法)によって構造解析が行われます。

開発・設計

▲ページの一番上へ