コンプレッサ

法規

労働安全衛生法に関するもの「ボイラ及び圧力容器安全規制」

法規概要
最高使用圧力0.2Mpa以上で内容量40L以上の容器
最高使用圧力0.2Mpa以上で胴内径200mm以上でかつ胴長1,000mm以上の容器
重要書類
第2種圧力容器明細書取扱注意書
第2種圧力容器明細書(原本)
届け出の必要はありませんが重要書類につき大切に保管してください。
設置・使用に関して
圧力容器改造の禁止
年1回以上の自主点検・記録の保管
安全弁の吐出し圧力の調整
圧力計は、最大目盛が最高使用圧力の1.5倍~3倍で、最高使用圧力の位置に見やすい表示があるものを使用する。

環境基本法に関するもの「騒音規制法・振動規制法」

法規概要
駆動定格出力が7.5kW以上のものに適用されます。規制値は各都道府県によって異なるので設置する場合の区、市役所、町村役場の公害担当課で確認してください。
届出について
該当する圧縮機の設置にあたっては所轄の市町村の公害窓口を通じて都道府県知事に設置工事の開始または変更の30日前までに届け出なければなりません。
設置・使用に関して
工場の敷地境界線上での騒音・振動がその地域の規制値以下であること。

フロン排出抑制法

    駆動フロン類(CFC,HCFC,HFCをいう)が充填されている、第一種特定製品(業務用の冷凍・冷蔵機器・及び業務用エアコン)について管理者が1.~3.を行うことが求められております。

  1. 適正な場所へ設置
  2. 機器の「簡易点検」(四半期に1回以上)及び点検の記録・保管
  3. 漏えい防止措置・修理しないままの充填の原則禁止
一定規模以上の機器の場合
冷凍圧縮機が7.5kW以上の機器については専門業者などによる十分な知見を有する者による「1年に1回の定期点検」が必要になります。
※弊社のコンプレッサ内蔵ドライヤは全て冷凍圧縮機が7.5kW未満なので機器の「簡易定点検」(四半期に1回以上)の実施・記録・保管が必要になります。

▲ページの一番上へ