交互運転

交互運転盤

カレンダータイマーにより主機・従機を任意に設定し交互運転させ時間の平均化が図れます。消費空気量の増大により、従機が自動起動し省エネ運転も可能です。

▲ページの一番上へ